アート日記

ChatGPTでピカソと美術館のAI活用について話してみたら・・・

2022-12-26

AIとのチャットができるという「Chat GPT」を知っていますか?アメリカの人工知能を研究する非営利団体OpenAI が2022年12月1日に発表したアプリケーションです。

ChatGPT

言葉を入力するだけで、AIがその回答を驚くようなスピードで返答してくれます。チャットという名前だけに、会話も続けることができます。

今日はこのChatGPTで、ピカソについてとAIを使った美術館の未来について会話してみました。これがなかなか面白くてここに書いておきたいなーと思いました。少し長い会話ですが読んでみてください。

ピカソについてChatGPTに聞いてみました

ChatGPTとのピカソの会話 こんな感じにチャットができます

私は英語で対話をしましたが、ここでは日本語訳でご紹介してます。きちんと訳されていない部分もあると思いますが、意味がわかる程度にそのままにしています)(ChatGPTは日本語にも対応しているようです)

Yoko
Yoko

パブロ・ピカソの人気の理由を教えてください。

AI:パブロ・ピカソ(1881-1973)は、20世紀を代表する芸術家の一人で、最も有名で影響力のある人物です。彼はキュビズム運動の共同創設者であり、絵画と彫刻に対する革命的なアプローチで最もよく知られています。

ピカソの作品は、大胆で革新的なスタイルと、現代世界の複雑な状況を捉える能力に特徴があります。彼は幅広いスタイルと技法を駆使し、常に様々な媒体や題材で実験的な制作を行いました。

ピカソがこれほどまでに人気を博している理由のひとつは、信じられないほど多作であったことで、そのキャリアの中で5万点以上の作品を制作しています。また、自己宣伝の名人でもあり、その名声を高めるために、より大きな個性を育むことができた。

ピカソの人気のもう一つの理由は、彼の作品が持つ普遍的な魅力である。彼の絵画や彫刻は、愛や喪失、戦争といった普遍的なテーマを扱うことが多く、あらゆる年齢層や背景を持つ人々に語りかける。

全体として、ピカソの才能、創造性、そしてリスクを恐れない姿勢が、彼を歴史上最も人気があり不朽の芸術家の一人にしたのである。

Yoko
Yoko

あなたはピカソの作品は好きですか?

AI:人工知能である私には、個人的な嗜好や感情はありません。

しかし、ピカソの芸術は高く評価され、芸術界に大きな影響を与えたことは確かです。

彼の革新的なスタイルや技法は多くのアーティストに影響を与え、彼の作品は今もなお、世界中の美術愛好家に展示され、賞賛されています。

ピカソの現代美術の発展への貢献は否定できず、彼の作品は美術界に永続的な影響を及ぼしています。

Yoko
Yoko

今後、ピカソの作品に対する評価は変わってくると思いますか?

AI:ピカソの作品に対する評価が今後どのように変化していくかを予測することは困難です。芸術的な価値は主観的なものであることが多く、作品が置かれた文化的、歴史的な背景によって変化する可能性があるからです。

ピカソの作品は、すでに長年にわたってさまざまな解釈や再評価がなされてきました。生前、彼はしばしば芸術運動の最前線に立ち、その作品は大きな影響力を持ちました。彼の死後数十年、彼の作品は展示され続け、研究され続け、しばしば批判的な分析や議論の対象になってきました。

ピカソの作品は、異なる文化的・歴史的文脈の中で捉えられ、また美術界の発展や新たな芸術運動の出現によって、今後も評価が変わる可能性がある。しかし、ピカソの作品はこれからもずっと高い評価と影響力を持ち続ける可能性がある。

Yoko
Yoko

もしピカソが現代に生きていたら、あなたのようなAIについてどうコメントしたと思いますか?

AI:私のような人工知能について、パブロ・ピカソ(1881-1973)がどう思ったかを推測するのは難しいです。なぜなら、彼はそのような技術が存在しない時代に生き、働いていたからです。しかし、ピカソは芸術に対する先進的で革新的なアプローチで知られており、常に新しいアイデアや技術を探求することに前向きでした。

ピカソは、人工知能が提供する芸術の創造と解釈の可能性に興味を持った可能性があります。新しい視覚的スタイルを生み出し、芸術作品を新しい方法で分析・解釈するAIの能力に興味を持ったのかもしれません。

同時に、ピカソは芸術の世界におけるAIの役割について懸念していたかもしれません。多くの芸術家は、人間の創作者であることで得られる独自の視点や感情表現を重視しており、ピカソはAIが芸術の価値や真正性に与える影響に懸念を抱いていたのかもしれません。

全体として、ピカソがAIの発展に対してどのように反応したかを確実に知ることは難しいが、このテーマについて複雑で微妙な見解を持っていた可能性は高いだろう。

美術館のAIの活用についてChatGPTに聞いてみました

ピカソについての会話で、芸術とAIの話になったので、引き続きそのことを聞いてみました。

Yoko
Yoko

AIは今後、美術史にどのような影響を与えると思いますか?

AI:人工知能(AI)は、さまざまな形で美術史に影響を与える可能性があります。AIを使えば、人間のアーティストが制作した作品よりも複雑でニュアンスのある新しい作品を作ることができると考える人もいます。また、既存の芸術作品を新しい方法で分析・解釈し、見慣れた作品に新しい洞察や視点を提供するためにも、AIが活用される可能性があります。

一方で、アートの世界でのAIの活用は、アートの価値や真正性を低下させるのではないかという懸念もあります。芸術の創造や解釈にAIを利用することで、芸術スタイルの均質化が進むのではないか、芸術の創造過程における人間の創造性や感情の役割を低下させるのではないか、という意見もあります。

AIが将来、美術史にどのような影響を与えるかを正確に予測することは困難です。AIが美術界で様々な形で活用される可能性は高く、その影響はアーティストや美術評論家がどのように採用し、活用するかにかかっている。最終的に、美術史におけるAIの役割は、それを使う人たちの選択と決断にかかっているのです。

Yoko
Yoko

美術館でAIを活用する3つのメリットとは?

AI:美術館で人工知能(AI)を活用することには、いくつかの利点が考えられる。

1.コレクションへのアクセス向上:AIは、博物館のコレクションをデジタル化し、オンラインでより広く利用できるようにするために使用することができます。また、研究者や学者にとっては、遠隔地から博物館のコレクションを研究することが容易になります。

2. 来館者の体験の向上。AIは、来館者の体験を向上させるインタラクティブな展示や教育リソースの作成に活用できる。例えば、AIを搭載したキオスクやバーチャルアシスタントは、来館者にパーソナライズされたお勧め情報を提供したり、特定の展示物に関する詳細情報を提供するために利用することができる。

3. コレクション管理の改善。AIは、博物館がコレクションをより効率的に管理するために利用できる。例えば、AIを搭載したシステムは、美術品の状態を追跡・監視したり、美術館が保存や修復の取り組みを特定し、優先順位をつけるために利用することができる。

全体として、博物館におけるAIの利用は、一般の人々の文化遺産へのアクセスと理解を高め、博物館がそのコレクションを管理・保存する方法を改善する可能性を持っている。

※上記の質問から出たこと以外や、もう少し具体的なことを聞きたくて次の質問をしたのですが、同じような回答が出てきました。
聞き方にも工夫が必要です!

Yoko
Yoko

美術館におけるデジタル化はすでに始まっていますが、今後、AIは具体的にどのように活用されていくのでしょうか。

AI:今後、博物館において人工知能(AI)が活用される可能性は数多くあります。いくつかの可能性を紹介します。

1. パーソナライズされたレコメンデーション。来館者の興味や好みに応じて、展示物や作品を個別に推薦することが可能になる。

2. インタラクティブな展示。AIを活用することで、来館者が新しい方法で美術品に触れることができるインタラクティブな展示を実現することができる。例えば、バーチャルリアリティ体験や、デジタル化された美術品の操作やインタラクションを可能にするために、AIが利用される可能性があります。

3. デジタル・コレクション管理。AIは、美術館がデジタル・コレクションをより効率的に管理するために利用できる。例えば、AIを搭載したシステムは、デジタル資産の分類・区分けや、保存・修復作業の特定と優先順位付けに利用できる。

4. 教育資源。例えば、特定の展示物や美術品に関する詳細情報を提供するバーチャルアシスタントやインタラクティブなキオスクなど、来館者向けの教育的リソースを作成するためにAIを利用することができる。

全体として、博物館におけるAIの利用は、一般市民の文化遺産へのアクセスと理解を高め、博物館のコレクション管理と保存の方法を改善する可能性を持っている。

Yoko
Yoko

AIの力を使って、パーソナライズされたお勧めにもどついた美術館案内をしたい。
どのようにAIを活用したらいいですか?

AI:美術館で来館者にパーソナライズされたレコメンデーションを提供するために、人工知能(AI)を活用する方法はいくつかあります。

1. パーソナライズされた旅程。AIは、来館者の興味や好みに基づいて、パーソナライズされた旅程を作成するために使用することができます。例えば、AIを搭載したシステムは、来館者の過去の訪問や述べられている興味に基づいて、来館者が楽しめそうな特定の展示物や美術品を提案することができる。

2. 2. パーソナライズされた提案。AIは、来館者が館内を移動する際に、リアルタイムで展示物や芸術作品のパーソナライズされた推奨を提供するために使用することができる。例えば、AIを搭載したシステムが来館者の行動や興味を分析し、関連する展示物や作品を推薦することができる。

3. 3. パーソナライズされたコンテンツ。AIは、来館者の興味や好みに応じて、提示するコンテンツをパーソナライズするために利用できる。例えば、AIを搭載したシステムは、来館者が興味を持っている特定の展示物や美術品に関する詳細情報を表示したり、来館者のニーズに合わせた追加のリソースや教材を提供したりすることができる。

全体として、博物館におけるAIの使用は、来館者の体験を向上させ、博物館がそのオーディエンスに対してよりパーソナライズされた魅力的な体験を提供するのに役立つ可能性を持っています。

Yoko
Yoko

そうすると、人気のない作品は展示されにくくなるのでは?

AI:人工知能(AI)を使って美術館で来館者にパーソナライズされた推薦を行うことで、人気のない作品の展示頻度が下がる可能性はあります。AIを搭載したシステムが、来館者の行動や好みに基づいて優先的に推薦するように設計されている場合、より人気のある、あるいは広く評価されている展示や作品を提案する可能性が高くなる可能性があります。

一方で、どの作品が美術館で展示されるかは、さまざまな要因によって左右されることにも注意が必要です。学芸員や美術館の館長は展覧会について特定のビジョンを持っていることが多く、来館者に有意義で知的刺激に満ちた体験を提供するために、人気のない作品や知名度の低い作品を含めることを選択することがあります。

また、美術館は幅広い文化芸術作品を保存・展示することを使命としている場合が多く、この使命を果たすために人気のない作品を展示することを選択する場合もあります。

全体として、博物館におけるAIの使用は、来館者の体験を向上させ、博物館がよりパーソナライズされた魅力的な体験をその観客に提供するのに役立つ可能性を持っている。しかし、人気のない作品の展示に与える潜在的な影響を考慮し、博物館が多様で代表的な美術品や文化財の展示を継続できるようにすることが重要である。

Yoko
Yoko

その場合、美術館が目指す幅広い作品の展示を実現するためには、AIだけでなく人間の力も必要だと思いますか?

AI:美術館で幅広い作品を展示するという目標を達成するためには、人間の専門知識と人工知能(AI)の組み合わせが必要になると思われます。

展覧会の選定や運営には、人間の学芸員や館長が重要な役割を担っており、彼らは豊富な知識と経験を持っています。彼らは、美術作品の芸術的、歴史的、文化的背景を考慮し、来館者にとって有意義で知的な刺激となるような展覧会を実現することができるのです。

同時に、AIは人間の学芸員や美術館の館長の仕事を強化・補強する可能性も持っています。例えば、来館者の行動や嗜好に関するデータを分析したり、来館者が特に興味を持ちそうな作品を学芸員や館長が特定し、優先順位をつけるためにAIを活用することが考えられます。

全体として,最も成功する美術館は,魅力的で美術館の使命と任務を代表する展示を作成するために,人間の専門知識とAIを効果的に組み合わせることができるところであろう。

Yoko
Yoko

そう聞いて安心しました!

AI:この情報がお役に立てて何よりです。AIが美術界に与えうる影響を考慮し、その利用が、美術品の選択と解釈において人間の専門知識と判断が果たす重要な役割とバランスが取れていることを確認することが重要です。最終的に、美術館やアートワールドの成功は、人間とAIが効果的に協力して、来館者にとって有意義で豊かな体験を創造できるかどうかにかかっています。

まとめ

いかがですか?

質問を入力して、回答が返ってくるのはほんの数秒のことなので、本当に誰かと会話している気分もなります。返されてくる情報があっているのか、間違っているのかはチェックしないといけないでしょうが、これを使うとレポート、論文、本、私が今書いているブログもどんどんAIで書かれることになっていくのだろうなと思います。

でも今のAIの解答はとてもまともな回答で面白味がない!

例えば、これからこちらをザワザワさせる回答や喜ばす回答など使い分けることができたり、微妙な表現力が出てくると本当に脅威ですよね・・・

AIが使われることで、美術館や博物館の膨大なデータ作業は楽になれば、ネット上に掲載される画像や情報も増えて、わたしたちのようなアート好きには本当に嬉しいこと。そして、美術館のガイドもAIがこなすようになれば、作品の説明だけでなく、美術館の歴史、美術館内の案内、展示はされてないけれど関連の作品を紹介してくれたり、お勧めしたい他の美術館にある作品についても話せるようになるのかも。

AIへの脅威も少し感じますが、今回この会話をしてみて実感したことがあります。それは、自分は何をしたいのか?ということです。何をしたいかがわかっているからこそChat GPTに質問できるし、引き出したい答えを得るための言葉選びなどを考えるからです。自分が何をしたいのか?そして、自分で学習していく能力や、言語能力はAIと共存していく時も大切な能力なのかもしれません。

ぜひ早いうちにChatGPTを使ってみて、どう感じるのか?を体験してみることおすすめします!

-アート日記