西洋美術の宗教画 西洋美術史

西洋美術史のためのキリスト教

西洋美術を深く読み解くためにはキリスト教と切り離しては語ることができません。
ローマ帝国でキリスト教が公認されてから、キリスト教をテーマにした絵画、彫刻、教会建築などさまざまな形に広がっていったからです。
聖書の世界をビジュアルとして多くの人に伝えることができるアートは西洋美術史と密接につながり発展していきます。

西洋美術をより深く楽しむために、西洋美術とキリスト教の歴史、キリスト教の物語「旧約聖書」と「新約聖書」を知ってみませんか。

西洋美術史とキリスト教

キリスト教絵画の原点は、地下墓地(カタコンベと呼ばれます)に始まります。
初期のキリスト教では、ローマ帝国時代に異教とされ迫害を受けていた信者たちが迫害をさけ、そして布教活動としてカタコンベの壁面に絵が描かれていました。
カタコンベ壁画のキリスト像は、通常肩に羊をかついでいる”良き羊飼い”の姿で描かれていました。
この羊。「迷える子羊」という言葉もありますが、聖書内でも信者を羊にたとえる表現がでてきます。
そして子羊は神への捧げ物でもあり、十字架に架けられたイエスのシンボルとしても使われているのです。

キリスト教がローマの国教として認められて、ローマ帝国内にキリスト教の教えを広めていく必要が出てきますよね。
字の読めない人にも絵画や彫刻などで聖書の教えをわかりやすく伝えるため、モザイク画、ステンドグラス、フレスコ画など色鮮やかな絵画や、生き生きとした彫刻が発展していきました。

教会は芸術家のパトロンとなり、多くの絵画、彫刻、聖堂を作らせていきます。

旧約聖書

旧約聖書は大きく4つに分類されます。

モーセ五書
歴史書
諸書・文学
預言書

この中でもっとも重要なのが、「モーセ五書」で下記の5つの物語が記録されています。

創世記
出エジプト記
レビ記
民数記
申命記

「モーセ五書」では神の手で世界が造られ、神の庇護のもとユダヤ人の源流のイスラエル民族が形成されて神と契約を交わすまでが書かれています。
神との契約とは、神を信じて忠誠を誓うことで繁栄が約束されるということです。

「歴史書」にはイスラエル王国と王の物語。
神から与えられたカナンという地でイスラエル民族が王国を作り上げるものの神への背信好意によって繁栄と衰退を繰り返すというもの。

「諸書・文学」は神への賛美や人生訓など哲学的な内容。

「預言書」では王国分裂の時代からバビロン捕囚までの物語を、預言者の言葉や苦悩、神の意思が預言者を介して記されています。
この預言書の最後を締めくくるのは、苦難の中イスラエルの人々は自らの過ちに気づき、預言者が語る救世主の登場を待ちわびるというもの。

この救世主はイエスであり、新約聖書につながっていきます。

新約聖書

新約聖書は大きく4つから構成されています。

福音書
使徒言行録
書簡集
黙示録

「福音書」ではマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4人がそれぞれの視点からイエスについて書いている。
新約聖書の中でも重要な部分で、イエスの生涯と教えが描かれている。

「使徒言行録」は使徒となったペトロとパウロが中心となった初代教会の成立と発展を記した教会の歴史のような記録

「書簡集」はパウロやそれ以外の使徒の手紙をまとめたもの。
パウロの13の手紙では信徒や教会にあてた教えや励ましのメッセージが。その他の使徒はキリスト教の教えを綴っている。

「黙示録」の正式名はヨハネの黙示録。
新約聖書の中の唯一の預言書で、世界の終末が記してある。
終末後の世界では最後の審判が下されて、信仰の篤い人々は神の国にいけるという希望に満ちたもの。

新訳聖書のエピソードをアートから読み解いて見ましょう。

受胎告知

キリストの降誕

羊飼いへのお告げ

東方三博士の礼拝

神殿への奉献

エジプト逃避途上の休息

幼児虐殺

洗礼

荒野の三つの試み

聖ペテロとアンデレの召名

聖マタイの召名

カナの饗宴

サマリアの女

海の上のキリスト

カナンの女の治療

パンと魚の奇跡

キリストの変容

羊と山羊を分けるキリスト

-西洋美術の宗教画, 西洋美術史