ポットキャスト

ネットラジオ「365日絵のなかで旅をする」をスタート

2024-02-20

standfmという音声配信アプリ内でラジオ番組を始めました。

実際には昨年からスタートしていたのですが、一時中断していたので今月から再スタートとなります。
ブログにもシリーズで書き始めた「365日絵のなかで旅をする」の記事を元にして、そこから2人で絵の中に入り込むように旅をするトーク番組です。

お相手をしてくれているのは、海外を旅したい理学療法士でもあるmikiさん https://www.instagram.com/miki.katou.oz/
放送時間は、毎週月曜日の22時。
のんびりとしたトークと絵の中の世界をリラックスした雰囲気で楽しんでいただけると嬉しいです。

取り上げるのは西洋絵画ですがリラックスして聴いていただきたいので、想像したら怖くなるような物語を含むような絵は避けた方が良さそうですね。夢に出てきそう・・・笑


描かれている人たちが何をしているのか気になる!
どんな服を着ているの?どんな会話をしているの?
そのようなことに想像を膨らましながら、トークをしています。

絵についてのご紹介と絵の世界に入って楽しむようなアートトークで、絵画の鑑賞の楽しみが伝わると嬉しいです。

私の趣味の1つに海外の美術館のサイト巡りがあります。所蔵作品がオンラインで検索でき、作品の写真を拡大して見るだけでなく解説や補足情報も充実していてとても楽しいのです。そこで見つけたあまり知られていないような絵もご紹介していきます。

#1「ヨーロッパで流行したトルコドレスを見に行く旅」

第1回目の放送は、『ヨーロッパで流行した トルコドレスを見に行く旅』

18世紀、トルコ趣味がヨーロッパ全土を席巻し、宮廷でも祝宴でもトルコ衣装が着用されるほど。スイスの画家ジャン=エティエンヌ・リオタールが描いた絵には、流行したトルコドレスを着た女性が描かれています。着心地の良さそうなパンツとローブ。鮮やかな色彩の絨毯など、エキゾチックな世界を楽しみます。

【絵のなかを旅する】ヨーロッパで流行したトルコドレスを見に行く旅 - アートと歴史・YOKO | stand.fm
【絵のなかを旅する】ヨーロッパで流行したトルコドレスを見に行く旅 - アートと歴史・YOKO | stand.fm

stand.fm

▼この放送の元になっているのは下記の記事です。


#2「400年前のフランスのストリートミュージシャンの喧嘩をのぞきに行く旅」

第2回目の放送は、「400年前のフランスのストリートミュージシャンの喧嘩をのぞきに行く旅」

今日の絵をよく見ると、手前にいる2人の男性が向き合って何か揉めているように見えます。 1人は笛のようなものをぎゅっと高く持っていて、左の男性が前に出てこないように制止しています。
もう1人は右手にナイフを持っている。危ない。 すごく気になるのは高く上げられた右手。
 彼らは何をしているの??

絵の中を旅する・400年前のフランスのストリートミュージシャンの喧嘩をのぞきに行 - アートと歴史・YOKO | stand.fm
絵の中を旅する・400年前のフランスのストリートミュージシャンの喧嘩をのぞきに行 - アートと歴史・YOKO | stand.fm

stand.fm

▼放送の元になっているのはこちらの記事です。


#3「400年前のイタリアの子供たちが猫をからかっている日常を見に行く旅」

第3回目の放送は、『400年前のイタリアの子供たちが猫をからかっている日常を見に行く旅』

今日の絵は子供たちと猫が仲良く遊ぶ微笑ましい絵・・・ではありません!!
この子たちが何をしているのかよく見てください。
そして彼らの仕草や表情を・・・

兄妹なのかな、男の子と女の子の2人が猫をからかっているのです。そうわかると絵の見え方が一気に変わってしまう。優しく支えているように見えている手が、猫が動かないように抑えている手なんだと気がつくとショックですね 笑

まだ日常の風景の絵が珍しかった時代の絵を楽しんでください。

絵の中を旅する・400年前のイタリアの子供たちが猫をからかっている日常を見に行く - アートと歴史・YOKO | stand.fm
絵の中を旅する・400年前のイタリアの子供たちが猫をからかっている日常を見に行く - アートと歴史・YOKO | stand.fm

stand.fm

▼放送の元になっているのはこちらの記事です。


「365日絵のなかで旅をする」舞台裏

番組の舞台裏として、この番組を始めた理由やどんなことを考えて放送しているのかをお話ししています!

絵をどう見たらいいの? 絵を見るって難しい・・・ そんな方に絵を見る面白さを伝えたい! そして番組を”絵”と”旅”のテーマにしたのは、かしこまらずに絵の世界に入って旅するように楽しむ見方をご紹介したいから。 旅をすることと絵を見るって共通点があるんです!

【365日絵のなかで旅をする】舞台裏 - アートと歴史・YOKO | stand.fm
【365日絵のなかで旅をする】舞台裏 - アートと歴史・YOKO | stand.fm

stand.fm


#4「イギリスのおしゃれな男の子がバドミントンをしているのをのぞきにいく旅」

第4回目の放送は「イギリスのおしゃれな男の子がバドミントンをしているのをのぞきにいく旅」

今回の絵は、英国の王族の肖像も手がけるような一流の画家が描いた、8歳くらいの少年が主役。少年が持っているのは、鮮やかな赤いラケットと羽根。実はこの「バドミントン」というスポーツが一般に知られるようになるのは、絵が描かれてから約100年後のこと。その起源は、イギリスのある貴族の邸宅から始まったこと知ってましたか?この絵を通じて、バドミントンの歴史へ、そして大きな羽飾りの帽子をかぶり遊ぶ少年の姿からは、当時の子どもたちの日常や流行、そして純粋な遊び心を想像しにいきます。

※トークの中でバドミントンが誕生したお屋敷「バドミントン・ハウス」について見に行くことができます・・・と言ってますが、一般者は建物内を見学することはできません。庭園は年に数回公開されているようです。ここで訂正させていただきます。

絵のなかで旅をする・おしゃれなイギリスの男の子がバドミントンをしているのを・・ - アートと歴史・YOKO | stand.fm
絵のなかで旅をする・おしゃれなイギリスの男の子がバドミントンをしているのを・・ - アートと歴史・YOKO | stand.fm

stand.fm

▼放送の元になっているのはこちらの記事です

#5「アルジャントゥイユのモネ家族の散歩を見にいく旅」

今回の放送は、「アルジャントゥイユのモネ家族の散歩を見にいく旅」

どこかで一度は見たことがあるようなクロード・モネの有名な絵。奥さんのカミーユと長男のジャン君を描いた「日傘をさす女性」です。
逆光の中で、微風が気持ちよさそうな土手の上で立っているカミーユを見上げるように描いている。絵の中の世界は静止することなく刻々と移り変わっている世界の美しさを捉えているようです。

モネ一家と一緒に散歩しているように絵を見ていたい・・・

前回の放送のケネス君の肖像画と比べてみると、絵画の技法のさらなる広がりにもびっくりさせられます。

アルジャントゥイユのモネ家族の散歩を見にいく旅【365日絵のなかで旅をする】 - アートと歴史・YOKO | stand.fm
アルジャントゥイユのモネ家族の散歩を見にいく旅【365日絵のなかで旅をする】 - アートと歴史・YOKO | stand.fm

stand.fm

▼放送の元になっているのはこちらの記事です。

#6「ゴッホが最後に過ごしたオーヴェールの教会を感じに行く旅」

今回の放送は、「ゴッホが最後に過ごしたオーヴェールの教会を感じに行く旅」

ゴッホが最後71日間を過ごしたオーヴェールの教会を描いた絵。この場所でゴッホを温かく見守ってくれていたガシェ医師がテオに宛てた手紙を読みながら、2人のつながりにも思いを馳せます。

そしてこの真っ青の空の教会に何を感じるのかトークしています。

【365日絵の中で旅をする】ゴッホが最後に過ごしたオーヴェールの教会を感じに行く - アートと歴史・YOKO | stand.fm
【365日絵の中で旅をする】ゴッホが最後に過ごしたオーヴェールの教会を感じに行く - アートと歴史・YOKO | stand.fm

stand.fm

▼絵についての解説はこちらの記事に

#7「300年前のオランダの並木道を歩く旅」

今回の放送は、「300年前のオランダの並木道を歩く旅」

300年前にオランダ西部のミッデルハルニスにあった並木道を、歩くような気持ちで対話鑑賞。

道や街路樹が地平線とぶつかる一点に全てが向かっていくように描かれていて、絵の前に立つと向こうから歩いてくる人とどこかですれ違うような気持ちにさせてくれます。 真ん中を走る並木道の周りには当時のオランダの日常が穏やかに広がっていて、300年前の生活風景に思いを巡らせました。

【365日絵のなかで旅をする】300年前のオランダの並木道を歩く旅 - アートと歴史・YOKO | stand.fm
【365日絵のなかで旅をする】300年前のオランダの並木道を歩く旅 - アートと歴史・YOKO | stand.fm

stand.fm

▼こちらの絵の詳しい解説はこの記事に

-ポットキャスト